*- 平成16年7月投稿 -*
*----*----*----*----*
      

一瞬時を止めたい心だけ
    君を見送る 
        ただいたずらに       ☆raraさん

吾が胸に 残像ばかり 残し逝く

    君見送りて 夏の日暮れゆ       ☆P-SAPHIRE

**************************

あの花は 何でしたっけと 母が問う

    アガパンサスとわれは答えぬ     ☆ごんちゃん

吾と母 並びて眺む この花を

    肴に話す 夏の夕暮れ         ☆P-SAPHIRE

**************************

瀬戸内の

    凪に暑さに耐えぬれど

       北の君より 秋桜の画像    ☆ひとづまさん

瀬戸内の 海風熱く 吹きぬけど

    北の大地は 秋の花咲く       ☆P-SAPHIRE

**************************

映りこむ 緑の色に ほっとする

    どこかうれしい 外の地下鉄     ☆ごんちゃん

地下鉄に 乗りてしばしの 旅気分
  
    せめて景色を 見たいと思う      ☆P-SAPHIRE

**************************

後ろ手で 外した妻の ネックレス

    母の動作をふと思い出す       ☆ごんちゃん

嫁ぎ来て 長き月日の 過ぐる間に

    妻の仕草に 母重なりて       ☆P-SAPHIRE

**************************

日中は 外出はだめと 妻が言う 

    吾の衰え 見透かすがごと      ☆ごんちゃん

太陽の 陽射し気遣う 人がいて
  
    嬉しと思う セミ時雨かな      ☆P-SAPHIRE

**************************

簾越し 吹きくる風が 窓外の 

    酷暑を吾に 告げて過ぎ行く     ☆ごんちゃん

簾越し 涼しき風を 待ちわびて
  
    窓辺来れど 陽射しのみ入る     ☆P-SAPHIRE

**************************

熱風も 酷暑も いつでもOKの 

    昔の吾を 思うが悲し        ☆ごんちゃん

年を経て 暑さ堪える 体となり
  
    今は静かに クーラーの下      ☆P-SAPHIRE

**************************

老婦人 古家とともに なくなりて
 
    赤土のみが 残る8月        ☆ごんちゃん

土のみの 残れる場所に 佇みて

    故人を偲ぶ 陽炎立つ日       ☆P-SAPHIRE

**************************

豪壮な 農家がひとつ 壊されて 

    安普請の 家立ち並ぶ        ☆ごんちゃん

お屋敷を 潰して並ぶ 建売に

    ニューファミリーの 声こだまする  ☆P-SAPHIRE

**************************





***********************************************














*- HOME -*



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO